› ハンディやしきのチビでもオシャレになる方法。背が低くてもお洒落に変身 › パンツは裾に気を付けろ › 背が低くてもオシャレに見せる方法:その3「パンツは裾に気を付けろ」

2016年01月28日

背が低くてもオシャレに見せる方法:その3「パンツは裾に気を付けろ」

どうも。

「ハンディやしきのチビでもオシャレになる方法。背が低くてもお洒落に変身」のハンディやしきです。



背の低い人がオシャレに見せる方法の3つ目は「パンツは裾に気を付けろ」です。


前回、背の低い人は「シルエットはIラインが簡単です」と書きました。

細身のパンツを履くだけで良いですからね。

その時も注意すべき大切なポイントがあります。

それは「パンツの裾」です。

細かい事に思われるかもしれませんが、全体を印象付ける重要なポイントになります。

実際に見比べてみましょう。


▼裾にたるみがある場合
ハンディやしき

チョット野暮ったく見えますよね。

細身のパンツを履いているのに何だか垢抜け無い印象です。

裾に溜まったシワに目線が行ってしまい、背を低く見せてしまいます。


▼裾をロールアップした場合
ハンディやしき

シュッとして垢抜けたように見えますね。

足も長くなったように見えます。

わずか数センチ折り返しただけでです。


次にジーンズを履いた場合を見てみましょう。

▼裾にたるみがある場合
ハンディやしき

ルーズでだらしない感じに見えますね。

足元にシワが溜まっている分ボリュームが出て、目線が下がってしまいます。


▼裾をロールアップした場合
ハンディやしき

上品で大人っぽい感じになりました。

パンツの面積は減っていますが、足は長く見えます。


同じパンツでもちょっとした事で、ずいぶん印象が変わるのを分かっていただけたと思います。

つまり「全体の印象を作るのは先っぽ」という事です。

細かい事かもしれませんが、逆にそれだけで簡単に印象を変えられるとも言えます。

パンツを買う時は面倒臭がらずに試着して丈を調節しましょう。

その際は若干短めにしてもらうと良い感じになりますよ。

目安はくるぶし位でしょうか。

一般的に丈を詰める際、店員さんにお任せすると長めに残そうとします。

「靴に少しかかる位で良いですよ」とか。

切り過ぎて短くなり過ぎたとクレームになるのが嫌ですからね。

足を長く見せようとパンツを長めにするのは逆効果です。

しっかり「短めにお願いします」と伝えましょう。


僕はほとんどロールアップするか9分丈位のパンツを履いています。

ハンディやしき

ハンディやしき

ハンディやしき


どうですか?

「パンツの裾」の違いで印象が変わるのが分かっていただけましたか。

チョットした事ですが、とても重要なポイントなので注意して下さいね。


次回、背が低くてもオシャレに見せる方法:その4は「パンツと靴は●●を●●」です。

お楽しみに!


以上、ハンディやしきでした。

バイちゃ。



※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。