› ハンディやしきのチビでもオシャレになる方法。背が低くてもお洒落に変身 › 色はモノトーンなら失敗しない › 背が低くてもオシャレに見せる方法:その5「色はモノトーンなら失敗しない」

2016年01月30日

背が低くてもオシャレに見せる方法:その5「色はモノトーンなら失敗しない」

どうも。

「ハンディやしきのチビでもオシャレになる方法。背が低くてもお洒落に変身」のハンディやしきです。


背が低くてもオシャレに見せる方法の5つ目は「色はモノトーンなら失敗しない」です。


今回は色使いと柄に関するお話です。

背の低い人はそれだけで幼く見られがちです。

服までカラフルな柄物だと、それこそ子供っぽく見られるでしょう。


▼例えばこんな感じだったり



▼こんなだったり



▼こんなだったり



もし僕が着たら、完全に老けた大学生みたいになります(笑)

背が低い人が着るべき服の色は「白・黒・グレー」です。

いわゆるモノトーンカラー。

それも無地です。

これがベースになります。


お店で服を選ぶ時はどうしても色・柄ものがかわいく、オシャレに見えがちです。

それは錯覚です(笑)

いや、個々のアイテムは良いと思いますよ。

でも、いざ家へ持って帰ると、「イメージと違う」「何と合わせるか分からない」みたいな経験ありますよね?

その点モノトーンは一見地味でつまらなく感じるかもしれませんが、大人っぽい印象になります。

実際に見比べてみましょう。








▼白・黒だけ
ハンディやしき


▼白・黒・グレー
ハンディやしき

下手な色柄ものを使わなくても、オシャレに見えるはずです。



チョット寂しいなと感じるようであれば、色柄では無く小物を足してみましょう。

▼ハットとネックレスを足して
ハンディやしき


▼ストールを足して
ハンディやしき


色は足してませんが、メリハリが付きました。

ハットとネックレスで目線を上げて、背を高く見せる効果もあります。


それでも色を足したい場合は1色だけにしましょう。


▼間違ってもこのようなアイテムで色を足してはいけません。



▼モノトーン+赤
ハンディやしき


▼モノトーン+赤
ハンディやしき

上のように、暗めの色であれば、大人っぽい印象になります。

明るい色を使う時は、面積の少ない所で使った方がバランスが良いです。


▼モノトーン+カーキ
ハンディやしき

コートなど面積の広い所でも、カーキのような暗めの色であればOKです。

これが目の覚めるような明るいグリーンのコートだと、一気に子供っぽくなるのが分かると思います。

着こなす難易度は相当高くなります。


どうですか?

「モノトーンの無地」だけでもオシャレができる事が分かっていただけましたか。

「白・黒・グレーだけ」もしくは「プラス1色だけ」なので難しい色合わせは一切不要です。

簡単なのでぜひチャレンジしてみて下さい。

そろそろ「何を買ったら良いんだ」と言う声が聞こえそうですね。

次回、背が低くてもオシャレに見せる方法:その6は「まずは●●を買え」です。

お楽しみに!


以上、ハンディやしきでした。

バイちゃ。



※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。