2016年03月09日

ブランド物を着ているあの人がオシャレに見えない理由

体のサイズはスモールサイズ!

夢の大きさメガトンサイズサイズ!

ハンディやしきです。


今回は「ブランド物を着ているあの人がオシャレに見えない理由」です。


高そうな服を着ているけどオシャレに見えない人、ブランド物の鞄を持ってるけど残念な人っていますよね?

あまり服を買わない人が、「さぁ買い物するぞ」って時、何も考えずにブランドで決める人って多い気がします。

年に1回だけ家族に連れられてデパートに服を買いに行くお父さんなんか、そんなイメージです。

「雑誌で見たからこのブランドの服なら間違いないんだろう」って。

ブランド側のイメージ戦略が上手くいっているとも言えますが。


あと、特定のブランドだけで買い物する人もそうかもしれません。

店員さんとも顔なじみで、お店に行くとマンツーマンで接客されるような。

中にはVIPルームへ通されたり、コーヒーを出されたり。

僕は経験ありませんけどね(笑)


▼衝撃的でした

ダサいとは言ってませんよ(笑)


例えば50万円のエルメスのバッグと同等品をユニクロが50万円でも作って売った場合。

どちらを買う人が多いでしょう?

きっとエルメスのバッグを買う人が多いですよね。

ブランドネームにはそれだけの力があります。

「ブランド物なら安心」と言う安心感を買っているとも言えますね。

でも「ブランド物を買えばオシャレ」というのは完全に間違いです。

特徴的なデザインやインパクトが強いロゴマークなど、むしろ有名ブランドの方が使いこなすのが難しいです。

特にオシャレ初心者は。

中には「ロゴマークを見せたいだけなんじゃない」って人もいますけどね。

汚いジーパンのお尻ポケットからヴィトンの長財布が見えるイメージ。

高いお金を出して全身揃えた挙句、トンチンカンなファッションになってる。

オシャレでは無いですよね?


昔テレビでタモリさんが野村サッチーにネクタイとスカーフをプレゼントされているのを見ました。

タモリさん「何ですか、この柄は!? どうやって合わせりゃ良いんだ?」

サッチー「あら~、それヴェルサーチよ。高いのよ~」

タモリさん「・・・」

その時のサッチーのドヤ顔とオリジナルなファッションが忘れられません(笑)

あっ、野村沙知代さんの事は好きですよ。


▼ハイブランドは難しい…



オシャレかどうかは見る人が感じるものです。

主観では無く客観です。

多くの人がオシャレと感じる一定のルールがあります。

ブランドを着ているのにオシャレに見えない理由はそのルールを知らないからです。

闇雲にブランド品に頼るのではなく、ルールを知る事から始めましょう。

そのルールを理解すれば、背が低くたって、安い服だってオシャレに見せる事は可能なんです。

服を買いに行く前にぜひ「チビでもオシャレになる方法」を1度読んでみて下さい。

無駄なお金を使わずに済むはずです。


以上、ハンディやしきでした。

バイちゃ。


チビでもオシャレになる方法はあります。

読むだけで背が低くてもオシャレになれる方法はこちら。




※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。